キャビスパ体験談!キャビスパRFコアEXで産後ママが卒乳後のダイエットに成功した体験レポートと効果

妊娠する前は会社帰りにトレーニングジムに寄って運動を欠かさずに行っていたため、無駄な脂肪がなく、体脂肪も低い理想的な体型を維持していました。しかし出産してからは過度な運動を行うことができなくなり、食欲も旺盛になったので、出産するまでに20キロ近く太ってしまいました。産婦人科医からは無理に食べ物を我慢するより、少しくらい体重が増えても気にしないほうがいいと言われたので特に気にしないようにしていました。しかし出産後も食欲がおさまらず、子育てに関するストレスがあったことから、さらに甘いものを食べてしまうようになって太ってしまいました。短期間で太ったことにより、腰痛や膝の痛みを発症するようになったあげく、子どもを抱っこしたりおんぶする機会が増えたので、膝や腰への負担が大きくなってしまいました。このままでは日常生活にも支障をきたしてしまうと不安に感じたので、少しずつダイエットを心掛けるようになりました。野菜中心の食事にしたり、運動ではなくこまめに家の中を動くようにしたところ、少しずつ体重が減っていきました。ただ産婦人科医からは、授乳中は赤ちゃんにかなりの栄養をあげていることになるので、しっかり栄養をとらなければ痩せるだけでなく、貧血を引き起こしやすくなると言われました。急激な体重増加もいけませんが、急激な体重減少も同じくらい駄目だとアドバイスをもらったので、それからは痩せるというよりも体重を維持して、健康を保つように心がけるようになりました。そして無事に卒乳することができたので、これからは以前よりもダイエットに専念できると考えるようになりました。それまで我慢していたウォーキングを始めたり、筋力トレーニングなどを行うようになりました。継続的にダイエットを心掛けたことによって、体重はある程度までは減量させることができましたが、それ以降は高い壁が立ちはだかっているかのように、全く体重が減らなくなってしまいました。それに気になったのが、身体全体のたるみでした。体重は減量しても、身体は太ったときのまま皮膚が縮むことができないので、二の腕や太もも、お腹などを中心にぶよぶよとした体形になってしまいました。身体のラインが出るような服装を着用する自信がなくなったので、何かよい方法はないかと探していました。ひきしめる効果を得られるエステに通うことも考えましたが、子供がまだ小さいので頻繁に通うこともできませんし、経済的に大きな負担がかかるのは避けたいと考えました。そんな時、キャビスパRFコアEXという自宅でエステに通って受けられるような引き締め効果が得られるものに出会いました。キャビスパRFコアEXは肌にあてるだけで、特殊な超音波を出してくれるので、体内に蓄積された脂肪細胞を破壊して新陳代謝を促す効果を得られる機会です。握りやすい形で、重さも300gという軽さなので、毎日使っていても手が疲れにくいと感じました。それにお風呂の中でも使用できるので、ゆったり身体をほぐすためには最適だと感じた注文することにしました。キャビスパRFコアEXは充電式になっているので、電池を買い替える必要もなく、コードもないので使いやすいと感じました。特に気になる部分にはジェルを塗って滑りやすくして、ゆっくりと気になる部分に脂肪を溶かすようにイメージしながら動かしました。痛みなどは全くありませんし、ゆっくりマッサージをしていると身体の内側から温まるように感じました。ボディモードとフェイスモードで切り替えることができるので、美顔マッサージ機としても使えることに魅力を感じました。体内に蓄積された脂肪を分解したら、大部分は排出されますが、中性脂肪と合成されると肝臓に脂肪が蓄積されることがあることを知りました。肝臓は以前から沈黙の臓器と言われることを知っていましたし、脂肪肝になってしまうと深刻な病気になってしまうと感じたので、キャビスパRFコアEXを使うときは肝臓に負担をかけないような使い方をしようと考えました。お酒やアルコールを控えたり、脂肪の多い食事を避けるようにすれば、新しく肝臓に負担をかける要素を減らすことができれば、蓄積された脂肪を分解した場合でも肝臓に負担をかけないようにすることができると考えたからです。キャビスパRFコアEXを使うとき、効果の高め方として、肝臓に負担をかけないような日常生活をおくること、そして食物繊維やビタミンを積極的に摂取して脂肪排出効果を高めるように心がけました。おかげで以前よりも新陳代謝が良くなり、便秘も改善され、肌荒れなども改善されるようになりました。そしてたるみがちだった身体が、少しずつ引き締まったのを実感しました。蓄積された脂肪がキャビスパRFコアEXによって分解されて排出されたことによって、見た目もすっきりしましたし、体重も少しずつ減少して妊娠前と同じサイズになることができました。

妊娠線、肉割れを消す治療にはキャビテーションが効く!産後の悩み!

妊娠線、肉割れとは?

皮膚というのは目に見えている部分の『表皮』、コラーゲンやヒアルロン酸で構成されている『真皮』、そして『皮下組織』の三層から出来ています。3つの中で表皮がもっとも伸縮性があるので、妊娠し赤ちゃんがお腹の中で成長してくると、表皮もそれに合わせて伸びることができます。
もちろん妊娠に伴いお腹が大きくなってくると、真皮や皮下組織も徐々に伸びていきます。でも、やや厚みのある真皮と皮下組織はそれほど伸縮性が無く表皮ほどは急激に伸びること出来ません。赤ちゃんが一気に成長すると、真皮や皮下組織がその成長についていけず限界を越えると真皮や皮下組織は裂けてしまいます。

赤紫色や紅色の妊娠線、肉割れはキャビテーションで直る可能性あり

また、妊娠線は皮膚の伸びだけでなく、コラーゲンの断裂や正常に作られていないことも影響しています。
真皮層はロープ状になったコラーゲン繊維がネットのような構造になっています。これが断裂すると、表皮に亀裂のような赤紫色の線がいくつも現れます。この段階では、コラーゲンが断裂しているだけなので、キャビテーションをすることでコラーゲンの生成が促進されれば改善効果が期待できます。

白い妊娠線や肉割れは消えない!!

妊娠線や肉割れはできたばかりのころは赤紫色をしていますが、時間が経ってくると身体は亀裂の修復を始めます。
修復するための細胞は白っぽい色をしているため、肉割れの時間が経つと(修復が進むと)白く見えるのはこの細胞が透けて見えるためです。
また、この細胞は生まれ変わり(ターンオーバー)をしないため、ずっと残ってしまいます。これが妊娠線が消えないと言われている理由です。

それでも妊娠線を目立たなくすることは可能

それでもキャビテーションでなら徐々に目立たなくさせることは可能です。
キャビテーションをすることで血行が改善され良くなることで真皮層まで栄養が行き渡るようになりコラーゲンの合成が活性化されます。コラーゲン生成の促進とターンオーバーが活発になると、新しい肌細胞がどんどん作られて、古い角質と少しずつ入れ替わります。

時間は掛かってしまいますが、入れ替わりがどんどん進めば妊娠線も目立たなくなっていきます。

キャビテーションと同時に施術されるラジオ波も同じ効果あり

キャビテーションと同じくエステで人気のラジオ波はご存知でしょうか?
ラジオ波は、身体に電磁波を流すことで熱を発生させて脂肪を燃やします。その際、血流が改善されて真皮層に栄養がいきわたるようになります。そうなるとコラーゲンの生成が促進されていきますので、皮膚のターンオーバーが進みキャビテーションと同様に妊娠線を目立たなくさせる効果があります。

キャビテーションは卒乳後に!!

母乳は血液から作られています。また、キャビテーションで溶け出した脂肪は血液で運ばれていきます。
そのため、溶けた脂肪が母乳に混ざってしまう可能性があります。溶けた脂肪が母乳に混ざった場合の安全性は確認できていないので、赤ちゃんに何かしら影響があるかもしれません。
もしものときを考え、授乳中はキャビテーションはせず卒乳後に行うことをオススメします。

卒乳後のママにオススメ

本来、キャビテーションは特殊な超音波で脂肪細胞を破壊して痩せるというエステで人気のダイエットメニューです。
通常のダイエットだと、運動や食事制限が中心となってくるため、子育てや家事で忙しいママにはあまり向いていません。そこで産後ダイエットがうまくいかなかったママや卒乳後太ってしまったママにはキャビテーションによるダイエットをオススメしています。
子育てでストレスや疲れが溜まるのに運動や食事制限はかなりの負担になるからです。

また、ダイエットが手軽にできて、妊娠線の治療も可能なキャビテーションだからこそ卒乳後のママにオススメです。

エステサロンか自宅でセルフケアか

キャビテーションはエステサロンで受けるか、キャビテーションの機器を購入し自宅で行うか二つの方法があります。

エステサロン

キャビテーションの効果については、使用している機械がエステサロンのほうが強く効果が出るのも早いです。反面、費用が高くなってしまうこと、お店へ通わなくてはいけないことがあります。しっかり痩せるには約10回通う必要がありますので費用も約150,000円は最低でも掛かります
初回のみ安く施術を受けられるので、いろいろなお店をはしごして痩せた人も私の友人にはいました笑
エステサロンと家庭用のキャビテーションを比較できるので、もし興味があれば1度受けてみてもいいかもしれません。

自宅でセルフケア

子育て中のママは本当に忙しいです。

日中はあっとゆう間に終わってしまうのではないでしょうか?
赤ちゃんも卒乳するころになれば夜はまとまって寝られるようになるので、寝かしたあとがやっとゆっくりできる時間かと思います。

実際にエステはお金も厳しいが継続して通えないため断念する方も多いです。

それなら1ヶ所10分程度で自宅でキャビテーションが行えるこちらの機器がオススメです。



これなら忙しい合間にできるのと、もし日中できなくても夜寝る前に行えるので、忙しいママに合っています。
さらに効率的に痩せるためRF(ラジオ波)温熱機能もついていますので、脂肪だけでなく妊娠線の治療にもより効果的です。

脂肪も妊娠線も同時に消せるキャビテーションを是非自宅でやってみてください。

家庭用キャビテーションのメリットとデメリットは?

家庭用キャビテーション機器のメリットとデメリットについて紹介していきます。

家庭用キャビテーションのメリット

・価格がエステサロンと比べて安い

まずはこれですね!!
キャビテーションの機械は高いものは40万円~安いもので1万円ほどとかなり価格に差があります。機能や効果も家庭用でもエステサロンに負けないような本格的なものから簡易的なものまであります。
ただ私が紹介している家庭用のキャビテーション機器はエステサロンで受けるキャビテーションの2~3回分(15,000円/回)で購入できるものです。もちろん、口コミが好評なもので、しっかりと効果が感じられるもののみを紹介しています。

・いつでも、どこでも、何回でも受けられる

キャビテーションは1回だけではすぐ戻ってしまいます。
痩せるためにはエステサロンでさえも、週1回を3ヶ月程度通う必要があります。ちょうど卒乳の時期だと職場復帰しているママもいると思います。そうなると、子育てに仕事とかなり忙しくてエステに通うのが困難です。
だからこそ、いつでも、どこでも、何回でも受けられるほうがオススメです。

・継続しやすい

ただでさえ忙しいママがエステサロンに定期的に通う時間がありますか?
費用は何十万円もしますが、そこまでお金に余裕がありますか?

またママが本当に自由な時間が取れるのは、子供を寝かせて~自分が寝るまで間ではないでしょうか。
そんな時間にエステサロンが空いてますか?

だからこそ家庭用キャビテーションのほうが、手軽にいつでもできるので続けられます。
「せっかくエステに行ってもきちんと通えなくて効果が感じられなかった」となるくらいなら、断然こちらのほうが継続できるのでいずれ効果も感じられると思います。

・誰とも会わずにできる(エステティシャンさえも会いたくない、身体を見られたくない)

いくらエステティシャンを前にしてでも、裸になりたくないなどの悩みありますよね?
身体はコンプレックスを抱えてしまうポイントがいくつもあります。

「裸を見せるくらいなら行きたくない」
「そもそも痩せなきゃ外出もしたくない」

こういった方いっぱいいます!あなただけではないので安心してください。

さらに家族にも知られたくない場合、美ルルキャビアップは送り状の品名が選択可能で「精密機器」「雑貨」などから選べます。もちろん配送用のダンボールには商品名はもちろんメーカー名も全く記載されていません。なので家族バレの心配も全くありませんよ。

家庭用キャビテーションのデメリット

・エステサロンに比べて効果が弱い

家庭用キャビテーション機器はエステサロンと比べて出力を抑えぎみに作られています。
というのも、エステサロンの機器は『専門の知識を持った人が相手の反応を見て調整しながら使う』ことを想定して作られています。
家庭用キャビテーションは『誰でも好きなように扱える』状況であるため万が一の事故ややり過ぎてしまわないように安全面に配慮して抑えて作られています。出力自体は弱いので、より痩身効果が高まるように『キャビテーション機能』のほかに『RF(ラジオ波)温熱機能』『EMS機能』がついています。

・時間が掛かる

出力が弱い分、やはり痩せやすさはエステサロンのほうが早いです。反対に家庭用キャビテーションは抑えてる分効果を感じるのにエステより時間が掛かります。もちろん私が紹介しているのは、信頼できる会社で製品自体はきちんと作られているものを紹介しています。そのため、毎日継続していれば少しずつ効果が感じられるかと思います。

・全部自分でやらなくてはいけない

エステサロンはすべてエステティシャンの方がやってくれ、自分は寝てるだけで完了します。
しかし、自宅で行う場合、手軽さの反面すべて自分で行わなければいけません。キャビテーションとラジオ波、EMSはすべて同時にあてることが可能なのでそれほど気になりません。

問題はマッサージです。

キャビテーションしただけでは、溶けた脂肪細胞は無くなりません。これをリンパまで流してあげないと身体の外へ排出できないので、キャビテーション後はマッサージをしてリンパまで脂肪細胞を流してあげます。これを怠ると、効果が半減どころかほとんど意味が無くなってしまいますので、必ずマッサージが必要です。
これがイチバン手間になってしまう場合がありますが、慣れれば簡単にできるので継続しやすいかと思います。

⇒TOPへ戻りキャビテーションの詳細を確認する

授乳中のキャビテーションは控えて!卒乳するまでオススメしない理由!

産後~授乳期間中は女性ホルモンが乱れており体質がとても不安定な状態です。
特に産後は身体の回復と母乳を作ることにエネルギーを集中させます。そのため、肌のバリアや免疫力は最も後回しになっているため、睡眠不足も加わり肌荒れしやすいのもこの時期です。また、肌の免疫力やバリアが低下していると、今までは問題なく使えていた化粧品でも肌荒れしてしまうことがあります。ちょっとした刺激でも敏感に反応するため、キャビテーションがきっかけで、かぶれ、赤み、体調不良を引き起こす可能性があります。この時期はキャビテーションだけでなく肌に直接触れるものには注意しましょう。

キャビテーションとは?

キャビテーションとは脂肪細胞だけに反応する特殊な超音波を発生させることで、身体内部にある脂肪細胞を破壊します。脂肪細胞が壊れると脂肪が溶け出し、血液やリンパに流れ身体の外に排出されることで痩せることができると言われています。運動や食事制限による通常のダイエットと比べて痩身効果が高く、即効性もあるのでエステサロンでは特に人気を集めている施術です。

キャビテーションの安全性は?

キャビテーションは医療行為としても行われており安全性が高く信頼できるダイエット方法です。健康な成人女性を元にした、安全性にかかわる試験も問題なくクリアしています。ただ妊娠中や授乳期間中の女性には実験を行ったことがなくデータがありません。そのため授乳中のママがキャビテーションをすることで身体にどんな影響があるのかわかってはいません。わかっていない分リスクがあるので妊娠中や授乳中は赤ちゃんや自分自身の身体にどんな影響があるかわからないためオススメできません。。

溶けた脂肪の母乳への影響は?

キャビテーションによって脂肪細胞が溶かされ、体外に排出するときは血液に混ざり肝臓へ運ばれていきます。母乳は血液から作られているので、溶けた脂肪細胞が母乳に混じってしまう心配があります。妊娠中についてしまった脂肪や産後ダイエットがうまくいかず焦ってしまうと思いますが、あなただけでなく大切な赤ちゃんにも影響があるかもしれません。
この時期は、あなたの身体の回復と赤ちゃんのことを優先に考えキャビテーションの使用は控えることをオススメします。妊娠中、産後すぐ、授乳中以外に生理中もキャビテーションは控えるようにしましょう。

授乳期間中でも状況に応じて可能なところもある

中には授乳期間中であっても月経が再開していれば施術可能とするエステサロンもあります。どうしてもキャビテーションを行いたい場合はまず医師やそのエステ店に相談してみてください。

または断乳した方はキャビテーションを受けることが出来るようになります。ただ産後間もないと身体が回復しておらず、思わぬ影響があるかもしれません。医師やエステサロンと十分相談した上で自己責任で受けたほうが良さそうです。

・キャビテーション以外の産後ダイエット

「産後ダイエット全く成功しない」
「なんとしてでも、早く痩せたい」
そういった方にはEMSがオススメです。EMSは電気信号で筋肉を動かし、運動した状態と同じ効果を得ることができます。
通常、筋肉を動かす場合は運動や筋トレが必要となります。それをEMSは電気信号で勝手に筋肉を動かし、簡単に運動や筋トレ後の状態にしてくれます。

大体の家庭用キャビテーション機器にはEMS機能は搭載されていますが、キャビテーション機能がメインでありキャビテーションと同時使用しかできません。キャビテーションは授乳期間中には向かないので、そうなるとオススメできません。

・キャビスパRFコアEXなら授乳中からでも使える

キャビスパRFコアEXには『バストモード』と『フェイスモード』がついています。
このモードであればキャビテーションは作動しておらず、EMSと肌を温めるラジオ波だけですので授乳中でも使用可能です。これなら授乳中はEMSだけで使用して卒乳したらキャビテーションで使えば買い替えも必要なくなります。
【公式通販サイト】RFボーテ キャビスパRFコアEX

・そのほかのオススメEMS機種

こちらの『BODICAL(ボディカル)』が私のオススメです。
EMSもさまざまなメーカーからいろいろな機種出ていますが、目に見えない電気信号であるため効果がわかりにくいこと、それを肌に直接当てることを考えると信頼性の高いものを使ったほうがいいです。その点こちらは有名な信頼できる会社の製品になります。
もちろんオススメポイントはそこではありません。それは最低基準で、30日間使ってみて合わなければ返品可能なのと、定期コースなら機種代が980円で購入可能となります。口コミももちろん好評です。
授乳期間中は本格的なEMSができるこちらを使い、卒乳後はさらに痩せるためにキャビテーション搭載のモデルを新たに申し込むのもオススメです。
ローラーで同時に脂肪をもみ出せるところもオススメポイントです。



TOPへ戻る(産後ダイエットの詳細あり)